【進撃の巨人26話】ミケvs獣の巨人を見た海外の反応&英語吹き替え版紹介





・リヴァイだったらこの状況でどうするかな?
彼が泣き叫ぶところは想像できないけど









・ミケの死に方はめちゃくちゃ怖い。残酷すぎる








・みんなはミケの死ばかり話しているが、俺はこう言いたいね。“馬は関係ないだろ”








・展開を知ってはいても,ここはショックだったなぁ








・獣の巨人「動いていいよ」ってミケ、巨人どっちに対してのセリフだったの?






 ↑巨人。獣の巨人はこいつらをコントロールできるってことだと思う






 ↑僕はミケに逃げていいよって意味で言ったのかと思ってた






・このシーンの間ずっと
“よし、リヴァイが来るぞ。大丈夫だ。カモン、リヴァイどこにいるんだよ?”と思ってた





 ↑進撃の巨人はその手の作品じゃないんだよ






 ↑リヴァイは今怪我しているからな…
 





・勇敢に巨人と戦っておきながら、巨人が喋ることには死ぬほどビビるんだな






 ↑巨人が知能を持ち、言葉を操るなんてまったく頭になかっただろうからなぁ









・彼のことは好きだが、死に方は間抜けだと思う。勇敢にも剣をとり、獣の巨人に向かって叫ぶ。その結果巨人に囲まれるって
黙って横たわっていれば見逃されたんじゃねーの







 ↑巨人の性質を考えれば、獣の巨人が去っても他の巨人が襲いかかってくるだろうな







・彼の死にはガッカリだよ。彼はクールでリヴァイの次に強い人間だったはずだ。
最後まで戦い抜くと思っていたら、泣きわめくだけだし







 ↑そのおかげでこのシーンがよりダークでパワフルなものになっていると思うんだけどな。






 ↑だからこそ心打たれるのよ。どんなに強く勇敢な人間でも死への恐怖を捨てきることはできないってね






・この死は人間がどれだけ弱い存在かを思い知らされるな


https://www.youtube.com/watch?v=45EOYtB6dps
https://www.youtube.com/watch?v=0WRDJygIrLQ

スポンサーリンク




こちら英語吹き替え版

    
スポンサーリンク

1 件のコメント: