バクマン。4話~5話を見た海外の反応



第4話「時と鍵」
マンガ家になるため、Gペンで描く練習を始めた最高。試験勉強もせずに練習していたと聞いて心配する秋人に、最高は、昔叔父から聞いた「天才じゃない人間がマンガ家になるための3大条件」を話す。
そんなある日、審査員の絶賛を受けた「手塚賞」準入選作品の作者・新妻エイジが「15歳」だと知った2人は、同世代の天才の存在に衝撃を受ける…。





・漫画の制作過程についてはとても勉強になるね。ついにエイジが!(想像よりも変な声だった)



・面白かった。新妻エイジが出てきたね。




・真城と亜豆のシーンがキュートだった




・会話が多いけど全くあきないな




・彼は15歳で漫画家なのか。何らかの特別なスキルを持っているに違いない




・このアニメを見ていると簡単なことに思えるけど、実際はハードなことだよね




・このアニメは少しばかりスローぺースすぎるな。見るのやめるかも



・なんでそんなに物語のぺースに文句つけるんだよ。

"Jack"?。まぁJUMPはアニメでは使えないんだろうね




・すべての漫画のかげにはものすごい作家の努力があるんだね。バクマンを見るたびに漫画家のことを尊敬しちゃうよ




・エイジの声優は変えるべきだな(笑)




第5話「夏とネーム」
最初のマンガ「ふたつの地球」を夏休み中に仕上げて、編集部に持ち込むという目標を立てた最高と秋人。
そんなある日、亜豆の情報を聞き出した理由を見吉に問いただされ秋人は、深く考えず「見吉と話したかったから」と言ってしまう。
作品に集中するため、夏休み中は仕事場にこもると決めた最高。秋人も泊まり込みにやってきた。だが、秋人のネームが予想外に難航してしまう…





・ふたつの地球は面白そうだな。読んでみたいな。エイジのマンガもね 





・2人の作品がどう受け取られるか気になるな




・毎週ごとにこのアニメを好きになっていってる。…漫画を読むのを我慢するよ。少なくともこのアニメが見終わるまではね




 ↑漫画を先に読むべきだよ! !このアニメは好きだよ?でも漫画版のほうがずっと優れてる





・ふたつの地球のストーリーにはちょっと興味を惹かれる。でもまぁ典型的なshonenっぽいけどね





・盲目のピッチャーのアニメが見たい





・エイジの漫画はクレイモアっぽいな




・漫画は完成したが、漫画家は大変な仕事なんだね   




・ジーザス、漫画を描き上げるのはここまで大変なのか。彼らの努力が報われるといいね